Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/5/24〕ウィンワークス、複数業務を担当する勤務シフトを計算するマルチワーク機能を追加したWINWORKS Oneの新版を発売

〔2019/5/24〕ウィンワークス、複数業務を担当する勤務シフトを計算するマルチワーク機能を追加したWINWORKS Oneの新版を発売

 ウィンワークス(本社:東京都千代田区、森庸輔社長)は、1日に複数業務を担当するシフトを計算するマルチワーク計算機能をオプションとしてWINWORKS Oneに追加した新バージョン「WINWORKS One Version 6」を2019年6月1日から発売すると発表した。
 サービス業の現場では勤務するスタッフがさまざまな業務や作業を分担しており、これら複数の業務(作業)割り当てを適切にすることが円滑な現場オペレーションには必須。また個々の業務ごとの作業量が日々、時間帯毎に変動すること、スタッフによって担当できる業務が異なることなどから、変動する業務量に合わせて適切なスタッフを勤務させる勤務シフト編成はとても複雑なものになる。特に昨今の人手不足の状況からマルチワークによる現場の業務効率向上はあらゆる現場で緊急の課題となっている。ウィンワークスは顧客の現場オペレーションの効率化に尚一層の寄与することを目的としてマルチワーク機能を開発した。
 この機能は小売り、コールセンター、宿泊業、医療、介護などの福祉施設などあらゆる現場で効果を発揮するもの。昨年から一部の企業でテストを重ね、このたび正式にオプション機能としてリリースした。この機能を利用する企業はWINWORKS Oneの利用開始時にオプションとして選択することが可能。また既にWINWORKS Oneを利用中の企業も、システムをバージョンアップした上で、オプションを選択することにより、この新しい機能を使用することができるようになる。


PAGE TOP