Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/5/28〕オウケイウェイヴ、顧客サポートAIソリューション「OKBIZ. for AI Chatbot」を発売

〔2019/5/28〕オウケイウェイヴ、顧客サポートAIソリューション「OKBIZ. for AI Chatbot」を発売

 オウケイウェイヴは、同社のAI技術と企業FAQを組み合わせたAIチャットボットが利用者の疑問をスマートに解決する、顧客サポートに特化したAIソリューション「OKBIZ. for AI Chatbot」を2019年6月3日に発売すると発表した。
 OKBIZ. for AI Chatbotは、Q&Aサイト「OKWAVE」に蓄積する3600万件以上のQ&Aビッグデータと独自のAI技術「KONAN」の活用により、企業の顧客サポート業務の効率化と顧客接点の強化を実現するAIチャットボット製品。
 OKBIZ. for AI Chatbotでは、AIチャットボットとして自動応答を行う標準エンジンとして、大手企業への導入実績を多数もつ同社製品「OKBIZ. for AI Agent」と同様のAIエンジンを搭載している。
 このAIエンジンは、顧客が入力した質問に不足があるなど、回答が絞り込めない場合にも、回答候補のFAQや入力した内容に関連する語句を自動的にサジェスト(示唆)する「独自の聞き返し」を特長としている。利用者は、AIチャットボットがサジェストする選択肢からも回答の絞り込みができ、質問の入力の手間も軽減する。
 また、OKBIZ. for AI Chatbotは、回答データベースとなるFAQを管理する「OKBIZ. for FAQ」にて追加・更新されるFAQデータをAIが随時、自律的に機械学習することに加え、FAQに関連する単語もあわせて自動的に機械学習する「インテリジェンスラーニング」機能を搭載。AIチャットボットの運用の際に課題と言われているFAQ(回答データベース)の二重管理と、回答シナリオの設定やチューニングといったメンテナンスを行うことなく、導入・運用ができる。これにより、AIチャットボット活用による顧客接点の強化、利用者の自己解決率の向上、管理者のメンテナンスコストの削減を同時に実現する。
 なお、OKBIZ. for AI Chatbotはこれまで販売してきたOKBIZ. for Chat & Botの後継製品として、AIチャットボット機能と、有人チャットサポート機能に両対応して提供する。業界を問わず、どのような業種でもサポート対応に活用することができる。


PAGE TOP