Home » 週刊CCMニュース » 調査・レポート・その他 » 〔2019/6/25〕J.D. パワー、2019年 クレジットカード顧客満足度調査結果を発表

〔2019/6/25〕J.D. パワー、2019年 クレジットカード顧客満足度調査結果を発表

 J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、山本浩二社長、略称:J.D. パワー)は、2019年クレジットカード顧客満足度調査SMの結果を発表した。
 近年、クレジットカード各社での高付加価値プレミアムカードの発行が進んでいる状況を受け、今年から新たに<年会費2万円以上>部門を設定し、<年会費2万円以上><年会費1万円以上2万円未満><年会費1万円未満><年会費無料>の4部門に分けて集計している。
 <年会費2万円以上><年会費1万円以上2万円未満><年会費1万円未満>の3部門で満足度を比較すると、高額年会費部門ほど、総合満足度スコアおよび年会費を除くすべての分野で満足度が高い結果となった。プレミアムカード会員(年会費2万円以上を指す)は、メインカードに対しては高い年会費を払ってもそれに見合う満足度を得ていることが見て取れた。
 またプレミアムカードの満足度をファクター別にみると、ポイントのたまりやすさや交換のしやすさなどの「ポイントプログラム」の満足度よりも、各種保険やコンシェルジュサービスなどの「会員向けサービス/特典」やコールセンター、ウェブ・モバイルアプリなどの「手続き・サポート」への満足度が高いことが確認でき、顧客のニーズにあったサービスを提供できていることも確認できた。
 各部門の総合満足度ランキングは次の通りとなった。
<年会費2万円以上>部門(対象4ブランド)
 第1位:JCBカード(677ポイント)
 「クレジット機能」「会員向けサービス/特典」の2ファクターでトップ評価。
 第2位:エポスカード(676ポイント)
 第3位:アメリカン・エキスプレス(645ポイント)
<年会費1万円以上2万円未満>部門(対象8ブランド)
 第1位:楽天カード(680ポイント)
 「クレジット機能」「ポイントプログラム」「会員向けサービス/特典」の3ファクターでトップ評価。
 第2位:セゾンカード(634ポイント)
 第3位:dカード(614ポイント)
<年会費1万円未満>部門(対象18ブランド)
 第1位:エポスカード(702ポイント)
 2年連続の総合満足度第1位。「年会費」でトップ評価。
 第2位:楽天カード(689ポイント)
 第3位:au WALLETクレジットカード(658ポイント)
<年会費無料>部門(対象10ブランド)
 第1位:JCBカード(687ポイント)
 「クレジット機能」でトップ評価。
 第2位:楽天カード(683ポイント)
 第3位:オリコカード(659ポイント)


PAGE TOP