Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/6/27〕LINE、AI技術を外部企業に提供開始

〔2019/6/27〕LINE、AI技術を外部企業に提供開始

 LINEは、LINEのAIアシスタント「Clova」などでこれまで培ってきたAI技術を、外部企業などに向けて展開していく「LINE BRAIN」事業を始動すると発表した。
 LINEは、これまでにAIアシスタント「Clova」をはじめとして、コミュニケーションアプリ「LINE」や各サービスにおいて深層学習をベースとしたさまざまなAI技術の開発、搭載を進めてきた。
 Clovaではスマートスピーカーなどに搭載して、音声操作だけで天気の確認や音楽再生、LINEメッセージの送受信などを可能にしている。これらの機能を動かすには、音声認識や音声合成といったAI技術を使用している。また、LINE公式アカウントである「LINEかんたんヘルプ」では、チャットボット技術を活用して、ユーザーがLINEのトーク上で送った質問に対し、AIが素早く回答することを実現している。そして、LINEのトークルーム内や、グルメレビューアプリ「LINE CONOMI」では、画像やレシートの文字をカメラで読み取ることによって自動でテキストに変換される文字認識技術(OCR)が使われている。
 今回始動するLINE BRAIN事業では、このようにこれまでLINEが培ってきたAI技術を外部企業などに向けて提供していく。そして、LINE BRAINで保有する音声認識、チャットボット、音声合成の技術を組み合わせることによって、電話でのAI自動応答を可能にすべく、開発も進めている。これによりコンタクトセンターやレストランなどの電話予約への応用など、さまざまなシーンでの電話応対の自動化が期待できる。


PAGE TOP