Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2019/7/1〕ベルシステム24、育児と仕事の両立を支援する取組みの一環として、札幌オフィス内に企業内保育所を開設

〔2019/7/1〕ベルシステム24、育児と仕事の両立を支援する取組みの一環として、札幌オフィス内に企業内保育所を開設

ベルシステム24ホールディングスは、産休・育休明けの従業員の復職や、育児と仕事の両立の支援、近隣エリアの育児中の求職者の受入などを目的に、企業内保育園「ベルキッズさっぽろ保育園」を同社の札幌第1ソリューションセンター内に開設した。沖縄県豊崎市の「ベルキッズとよさき保育園」、福岡県福岡市の「ベルキッズてんじん保育園」に続き、同社として3カ所目の保育所開設となる。
 ベルキッズさっぽろ保育園は、正社員、契約社員に関わらずすべての同社従業員が利用できることに加え、認可型保育所と同等の高い品質の保育サービスを提供しながらも、助成金を活用することで、安価な保育料を設定している。また、「もうひとつの『おうち』」をコンセプトに、子どもにとってワクワクするような空間デザインとなっている。夏の短い札幌であっても、いつでも自然の緑の中にいるような色合いや、遊具などは、子どもの五感を刺激し、子どもたちが安全に過ごしながらも、感受性を豊かに育むことができる環境。
 同社は、全国で33拠点のうちの4拠点を同市内で展開しており、約5400人の社員が勤務している。札幌地区に勤務する従業員からの企業内保育所へのニーズが高まっており、今回のベルキッズさっぽろ保育園では、同社が運営する保育所の中で最大規模の定員30名となっている。従業員の費用面での負担を抑えながらも、質の高い保育を実現し、育児と仕事の両立を支援する就労環境を創出していく。
 全国で約3万人の社員が勤務する同社では、企業理念として「多様な人材が、楽しく、安心して働ける、人に優しい職場(コミュニティー)の創出」を掲げている。同社では、性別や事情に関わらず、すべての従業員が利用できるモバイルワーク制度やコアタイムの無いフレックス制度の導入や、今回のような全社員が利用できる企業内保育所の開設などにより、多様な働き方を支援し、これからも就労環境の整備に取り組んでいく。


PAGE TOP