Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/9/30〕オプテージ、業務における問い合わせ対応の自動化サービスを提供開始

〔2019/9/30〕オプテージ、業務における問い合わせ対応の自動化サービスを提供開始

 オプテージ(本社:大阪市中央区、荒木誠社長)は、さまざまな問い合わせ対応業務を支援する「Enour(エナー) AI ChatSupport」を2019年10月1日より提供を開始すると発表した。価格は、初期費用が100万円から、月額利用料金が30万円から。
 Enour AI ChatSupportは、独自の自然言語解析技術により開発されたAIを用いて、顧客や社内からの問い合わせに対して自動でテキスト回答を行うチャットボットサービスで、同社は導入から運用コンサルティングまでワンストップで提供する。
 サービス名称「Enour(エナー)」は、「私たちの縁=En+our」が由来の当社独自の造語で、「コンタクトシーンは常に、“人と人”との縁(En)であり、その縁(En)を私たち(our)のサービスで結びたい」という思いを込めている。
 Enour AI ChatSupportは、エーアイスクエアのQuickQAエンジンを活用しており、問い合わせ内容の分析機能やAI学習を行う管理機能を有している。また、クラウド環境で稼働するチャットUI(会話画面)の構築や、総務・人事部門でご活用いただける汎用的なQAデータを備えており、導入後1カ月程度で利用することも可能。
 Enour AI ChatSupportの導入により、人手不足で難しかった「夜間・休日対応」、「ピーク時対応」を可能とし、顧客満足度の向上につなげることができる。また、社内での活用も可能で、社員からの問い合わせ対応で追われているITヘルプデスクや総務関連部門などにおいて業務の効率化が期待でき、働き方改革を促進する。


PAGE TOP