Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2019/9/30〕フィットネスクラブのティップネス、KDDIエボルバのビジュアルIVRを導入

〔2019/9/30〕フィットネスクラブのティップネス、KDDIエボルバのビジュアルIVRを導入

 KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、中澤雅己社長)は、ティップネス(本部:東京都港区、花房秀治社長)が提供する顧客サポート、各種問合せチャネルをスマートフォン上に可視化するビジュアルIVR「VisualMenu」を導入し、2019年10月1日より提供を開始した。
 VisualMenuは、ティップネスの顧客情報ダイヤル(コールセンター)や、メンバー専用ページ、各種お手続きのほか、最新のキャンペーンや、よくあるご質問、店舗一覧などのサポートメニューをスマートフォン上に表示し、ワンタップでチャネルを選択できるもの。
 各種お手続き、よくあるご質問は、キャンペーンやシーズンごとにメニューの内容、表示パターンを最新化し、顧客の「知りたい・調べたい」にぴったりのチャネルを案内する。これにより、顧客は、自分の目的にあったメニューをこれまで以上に簡単に探し、素早く解決することができるようになり、顧客の利便性向上に寄与するものと考えている。


PAGE TOP