Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2019/10/29〕ベルシステム24、約5400名が勤務する北海道札幌エリアに第2本社を開設

〔2019/10/29〕ベルシステム24、約5400名が勤務する北海道札幌エリアに第2本社を開設

 ベルシステム24は、約5400名が勤務する北海道札幌エリアにて、先進的な採用施策の推進と新技術を活用した業務効率化を目的に、コールセンターに勤務する従業員の採用を担う本社機能の一部を札幌市に移管・集約し、2020年春に第2本社を開設すると発表した。
 第2本社へ移管となる本社機能は、契約社員向けにスキルアップやキャリアアップを支援する教育部門、採用および退職に関するさまざまなデータを管理する統計管理部門、同社での勤務に必要なさまざまなスキルを就労前に習得することができる、全国で展開を行う独自の就業支援施設「SUDAchi(すだち)」の企画部門など。第2本社の開設に伴い、スタッフの採用を新たに実施する。
 旭川地域を含む北海道エリアは、同社の保有する全国34拠点のうち5拠点を展開、勤務者数も最も多く、採用における最重要エリア。北海道エリアにおいては、部下が上司を評価するといった形で人事評価を行う「360°評価」を実施するなどの新たな取組みを全国に先駆けて導入するといった、さまざまな実績を持っている。今後も先進的な採用手法の実施および効率化のモデルケースを確立することを目的に、第2本社の開設を決定した。
 同社は2018年度より、新たな企業理念を「イノベーションとコミュニケーションで社会の豊かさを支える」と制定した。業界のリーディング・カンパニーとして、同社に勤務する3万人を超える多様な人材が、楽しく、安心して、長期にわたり働くことができる、人にやさしい職場(コミュニティー)を創出するべく、地域特性に応じた拠点展開を進めることで、事業環境の整備に取り組んでいく。


PAGE TOP