Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2019/11/26〕トライコーン、データマーケティング支援サービスを提供開始

〔2019/11/26〕トライコーン、データマーケティング支援サービスを提供開始

 セプテーニ・ホールディングスの連結子会社で、ASP / SaaS形式の CRM ツールでマーケティングを支援するトライコーン(本社:東京都新宿区、福原雄亮社長)は、企業のデータを活用したマーケティング支援サービス「DEVELTA(ディベルタ)」の提供を開始した。
 昨今、企業ではシステムやツールやデータベースが林立し、データのサイロ化が課題となっているが、より効果的なマーケティング活動を行うためには、データを一元的に管理・統合し、効率的に活用することが重要になっている。しかし一般的に、分散しているデータを統合し、紐づけ、可視化しマーケティングの意思決定に活用するには、データを統合するCDP(Customer Data Platform)を導入し、データを紐づけるプログラム設計・開発、ダッシュボードの設計・開発、システム連携の運用など、多くの工数が必要。
 DEVELTAは、企業が自社で保持するさまざまなデータをトライコーンのCDPに格納するだけで、各種データを集約し、紐づけからあらかじめ準備された標準ダッシュボードによる可視化まで行う。これにより、企業はDEVELTAで可視化した情報を分析することで、自社データを活用したより最適なマーケティングの意思決定を行うことができる。


PAGE TOP