Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/2/5〕ユーザーローカル、サポートチャットボットに最新の言語AI「BERT」を導入

〔2020/2/5〕ユーザーローカル、サポートチャットボットに最新の言語AI「BERT」を導入

 ユーザーローカル(本社:東京都港区、伊藤将雄社長)は、AIを活用した自動応答システム「ユーザーローカル サポートチャットボット」に、Google社の言語処理の最新AI技術「BERT」を導入した。これによって、問い合わせ履歴データをもとに、プログラミングレスでのチャットボット自動構築を実現した。
 近年、自動応答システムのチャットボットを導入して、質問対応を自動化したいという企業が急増している。チャットボットは質問対応に割いていた労働時間を削減するというメリットがある。しかしながら、チャットボット導入前に、どんな質問にどんな回答を返すか、というロジックをあらかじめ作る必要があり、システムを稼働させるまでに手間と時間がかかってしまう、という課題があった。
 そこで今回、サポートチャットボットでは、最新の言語処理AI技術であるBERTを採用することで、サービスユーザーや社内スタッフから日々寄せられる問い合わせの履歴をもとに、高精度なチャットボットを短期間で開発することが可能になった。
 このシステムを利用する際、導入企業側はプログラムを一切書くことなく、最新の人工技術が利用可能となった。ユーザーローカルでは、今後もサポートチャットボットを通じて企業の生産性向上を支援していく。


PAGE TOP