Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2020/3/18〕TMJと音声感情解析AIのEmpath、感情解析コールセンターAIの特許を取得

〔2020/3/18〕TMJと音声感情解析AIのEmpath、感情解析コールセンターAIの特許を取得

 TMJ(本社:東京都新宿区、丸山英毅社長)は、音声感情解析AIを開発するEmpath (本社:東京都渋谷区、下地貴明社長)と共同開発した感情解析コールセンターAIにおけるオペレータ支援・応対評価の技術・仕組みについて、2020年1月17日に特許(特許番号:6647722)を取得したことを発表した。
 また、当初アウトバウンド業務向けに開発された機能を改良し、コールセンターにおけるインバウンド・アウトバウンド業務などの幅広い場面で利用可能な汎用版感情解析コールセンターAI「EmoDaruma」の販売を2020年3月より開始する。
 TMJとEmpathは、共同開発の成果として、感情解析技術の活用における特許(発明名称「情報処理装置、情報処理方法、情報処理プログラム」)を取得した。本特許は、Empathが持つ音声感情解析技術に、コールセンターでの豊富な運用実績をもつTMJの知見を掛け合わせて開発。通話応対時のオペレータならびに顧客の感情を解析することで、オペレータの評価を表示する技術が認められ、今回の特許の取得に至った。今後は、本特許搭載する製品である感情解析コールセンターAI「EmoDaruma」を、より多くのクライアントへ提供をしていく計画。顧客の感情に寄り添った応対品質と満足度の向上。また、オペレータ定着支援による働きやすい環境づくりを、Empathの音声感情解析技術を活用することでコールセンター業界全体の価値向上を目指す。


PAGE TOP