Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2020/3/19〕ネオス、チャットボット「neoスマボ」をカスタマー向けFAQシステムとしてテレコムスクエアで採用

〔2020/3/19〕ネオス、チャットボット「neoスマボ」をカスタマー向けFAQシステムとしてテレコムスクエアで採用

 ネオス(本社:東京都千代田区、池田昌史社長)は、同社が提供するチャットボットサービス「neoスマボ」を、Wi-Fiルーターや携帯電話のレンタル、プリペイドSIMカードの販売などの販売などを展開するテレコムスクエア(本社:東京都千代田区、吉竹雄次社長)に採用された。
 テレコムスクエアでは、海外用モバイルWi-Fiレンタルサービス「Wi-Ho!」「Wi-Ho!Biz」や、海外用プリペイドSIMカード「Wi-Ho! SIM」など、旅行体験をより充実したものにするサービスを数多く展開している。インバウンド、アウトバウンドに関わらず、顧客からのさまざまな問い合わせをコンタクトセンターのオペレーターが対応する中で、「問い合わせ対応の業務効率化」が課題となっていた。
 そこでオペレーターの業務を代行し、窓口を拡充するとともに回答待ちによるロスタイムを無くすことで顧客満足度向上を実現するチャットボットの導入を検討することとなり、ネオスのneoスマボにおいて、主に以下の点を高く評価した結果、正式採用に至った。
・より細かい問い合わせへの対応時はオペレーターに引き継ぐことができる「有人対応機能」
・専門知識がなくても運用ができるシンプルで分かり易い管理画面
・各種サービスに特化した専用チャットボットを複数運用した場合にも、初期工数が少なく手間もかからない
・さらなる利便性向上に向けて今後追加を予定している新機能への期待
・導入後における手厚いサポートなどのサービス面


PAGE TOP