Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/3/19〕カラクリ、キャスターと連携してコールセンターの「リモートワーク導入支援サービス」を提供開始

〔2020/3/19〕カラクリ、キャスターと連携してコールセンターの「リモートワーク導入支援サービス」を提供開始

 カラクリ(本社:東京都中央区、小田志門社長)は、キャスター(本社:宮崎県西都市、中川祥太社長)と連携し、コールセンター業界のリモートワーク体制を支援するサービスを提供開始した。リモートワーク用にVPNで構築した「KARAKURI」シリーズの「リモートパック」を提供すると共に、導入時に欠かせない運用マニュアルや組織設計ノウハウを「Caster Anywhere」より支援し、スムーズなリモートワーク体制の構築を実現する。
 新型コロナウイルスによるパンデミック宣言がなされ、世界各国の企業でリモートワークが義務化されている。コールセンター業界でもリモートワークの必要性が高まっているが、セキュリティ面や人事評価・運用体制の問題で出勤を余儀なくされている企業が多く存在している。実際、矢野経済研究所の「コールセンター市場総覧2018-2019」によると、セキュリティの課題などの要因で、リモートワークを推進できている企業は3割にも満たない状況。そこで、カスタマーサポート特化型AIを提供しているカラクリと、700名以上のメンバーがリモートワークするキャスターが連携し、コールセンター業界のリモートワークを促進させるため、課題を網羅的に解決するサービスを提供する運びとなった。
 リモートワークに必要なVPNで構築されたセキュアなチャットツール「リモートパック」の提供と同時に、同サービスをリモート体制で定着させるために必要な組織設計、運用マニュアル、評価制度などのノウハウをハンズオン形式で提供する。
 リモートワーク用に機能搭載(VPN構築)した正答率95%保証のAIチャットボット「KARAKURI chatbot」、有人チャットツール「KARAKURI talk」を提供する。即時導入が可能な有人チャットツールはβ版の提供となり、4月中に申込んだ企業に3カ月無償での提供となる。チャットボットのオンボーディング業務は、ZOOMやSkypeなどを活用した完全リモート体制で正答率95%保証の精度を保つ。


PAGE TOP