Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2020/6/22〕トランスコスモス、オフィスでの新型コロナウイルス濃厚接触者特定サービスを提供開始

〔2020/6/22〕トランスコスモス、オフィスでの新型コロナウイルス濃厚接触者特定サービスを提供開始

 トランスコスモスは、自社開発の配信・運用・管理プラットフォーム「DEC Connect」に、新型コロナウイルス濃厚接触アラート機能を実装し、企業オフィスでの新型コロナウイルス感染者が発生した場合、濃厚接触の可能性がある社員へLINEのメッセージを送ることができるサービスの提供を開始した。
 企業では、新型コロナウイルス感染予防対策として、在宅勤務や時差出勤、オフィス内でのソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな対策の実施が求められている。中でもオフィスのフリーアドレス化は、ソーシャルディスタンスの確保と、オフィススペースの有効活用という点で導入を進める企業も増えてきているが、新型コロナウイルス感染者が発生した場合、濃厚接触の可能性がある社員を特定する方法が課題となっている。
 この課題に対してトランスコスモスでは、DEC ConnectとLINE公式アカウント、Slack、LINE WORKSと連携し、企業が安心してオフィスのフリーアドレス化を進められるよう、フリーアドレス化しているオフィスでも濃厚接触の可能性がある社員を容易に特定、通知できるサービスを開発した。
 フリーアドレス席にかかわらず、休憩スペースなどにもQRコードを設置することで、オフィスビル内での新型コロナウイルス発生時の濃厚接触の可能性が高い方へ知らせすることができるため、企業の新型コロナウイルス感染予防対策を迅速かつ正確に施行していくことができる。
 トランスコスモスは、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入されたLINE Biz Partner ProgramのTechnology Partnerにおいて、カスタマーサポートでの、コールセンターの業務効率化や、満足度をあげるユーザー体験を提供することに優れているCustomer Careの認定バッチを取得している。


PAGE TOP