Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2020/6/24〕横浜銀行とFRONTEO、NTTデータフォース、インテック、CRMシステム上にAIを活用した営業応接記録チェック機能を共同開発

〔2020/6/24〕横浜銀行とFRONTEO、NTTデータフォース、インテック、CRMシステム上にAIを活用した営業応接記録チェック機能を共同開発

 横浜銀行とFRONTEO(本社:東京都港区、守本正宏社長)、NTTデータフォース(本社:神奈川県横浜市、小松正人社長)、インテックは、4社共同で、金融商品販売時などの営業応接記録をAIによって一次チェックする機能を、CRMシステム上に開発した。
 今回開発した機能は、横浜銀行が導入しているインテックのCRMシステム「F3(エフキューブ)」に、FRONTEOの自然言語処理AIエンジン「KIBIT(キビット)」をAPIで連携し、AIによる記録内容の一次チェックを可能にするもの。KIBITは日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上に構築されており、NTTデータフォースがAI分析サーバの管理を行っている。
 横浜銀行は2020年度上期中に本機能の運用を開始し、営業担当者が営業応接記録を作成する時間や、その記録を役職者がチェックする時間を5割削減して業務を効率化するとともに、業務の高度化(特定記録の検知率向上)と標準化(一定の品質確保)を目指す。


PAGE TOP