Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2020/6/24〕NTTデータGSL、「SAP C/4HANA」の導入支援サービスを7月より本格提供開始

〔2020/6/24〕NTTデータGSL、「SAP C/4HANA」の導入支援サービスを7月より本格提供開始

 NTTデータ グローバルソリューションズ(本社:東京都中央区、磯谷元伸社長、以下、NTTデータGSL)は、7月より、「SAP C/4HANA」の本格提供を開始すると発表した。すでに、2020年4月より、専門部署としてCX Solution室を新設し、グローバル展開をするメーカーや商社などをターゲットに営業活動の準備を開始している。
 NTTデータGSLが導入支援サービスの提供を開始するSAP C/4HANAは、SAPが提供するCRMやEコマースの業務と顧客接点を支援するソフトウェア。マーケティングやSFA、見積・契約をはじめとする営業プロセス全般ならびに商品情報を統合管理でき、顧客企業のマーケティング業務や営業を支援するための機能を有している。SAPは、CRM製品の大幅な改変と、コマースおよびマーケティングソリューションの統合により、2018年6月にSAP C/4HANAにブランド名を変更している。企業のバックエンド業務を支援する同社のERP製品「SAP S/4HANA」と対になり、フロントエンド業務を支援するソフトウェアとして位置付けられ、顧客のカスタマーエクスペリエンス向上を支援することを目的とし、「SAP Sales Cloud」「SAP Service Cloud」「SAP Commerce Cloud」のモジュールを中心にサービスを提供する。
 新型コロナウイルスの影響により企業の営業活動スタイルが急速に変化し、対面よりもオンラインでの活動にシフトしている中で、これまで以上の営業活動の見える化を行い新しい顧客接点・アプローチを実現し、タイプの商品カタログベースの構築を図る。商品カタログベースとは、単なるカタログでもなく、マスターデータだけでもない、基幹システムと連携可能であり常に最新の商品カタログを提供可能なプラットフォーム。新たな時代における顧客との接点において、SAP C/4HANAへのニーズはより高まると予測している。また、SAP C/4HANAをBtoB営業のDXツールとして位置づけ、数多くの導入実績を有するSAP製品のユーザーをターゲットに、SAP ERPソリューションとの最適な連携をもって、営業活動と基幹業務連携の構想策定から業務運用設計、システム構築、運用保守までを包括的にサポートする。
 NTTデータGSLでは、2020年よりSAP C/4HANAの導入支援サービスの提供を開始し、初年度は5件の受注を目標としている。


PAGE TOP