Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/6/25〕プレイドのCXプラットフォーム「KARTE」とBEDOREの対話エンジン「BEDORE Conversation」が連携開始

〔2020/6/25〕プレイドのCXプラットフォーム「KARTE」とBEDOREの対話エンジン「BEDORE Conversation」が連携開始

 プレイド(本社:東京都中央区、倉橋健太社長)は、同社が提供するCXプラットフォーム「KARTE」において、PKSHA Technologyの完全子会社であるBEDORE(本社:東京都文京区、下村勇介社長)が提供する対話エンジン「BEDORE Conversation」と連携を開始することを発表した。
 対話エンジン「BEDORE Conversation」は、深層学習技術を用い、日本語の言語解析に特化した高精度なチャットエンジン。LINEをはじめ、多くの企業のカスタマーサポートや購入促進に活用されている。
 本連携により、KARTEでリアルタイムに取得した顧客の行動、会員情報、マイページへのログイン有無、FAQの閲覧経験などさまざまな情報から、BEDORE Conversationが顧客に合わせたシナリオをプッシュ型で話しかけることで、よりきめ細かい自動応答をすることが可能になった。これにより、カスタマサポートでは架電削減や顧客体験向上、接客/セールス対応においてはコンバージョン向上等の効果が見込める。
 初回の取り組みとして、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する「So-net」の会員サポートページにて、本連携ソリューションの導入を決定した。問い合わせページを閲覧している架電する可能性が高い顧客を検知し、チャットやFAQへ誘導する取り組みはすでに開始しており、今後は、入会プランやマイページへのログイン有無など、サポートページに来訪する顧客のより詳細な情報を紐付け、顧客の文脈に合った自動応答をプッシュ型で話しかけるといった、より利便性の高い機能の導入も予定している。


PAGE TOP