Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/7/22〕コムデザイン、ログラフの「オムニデータバンク」と連携

〔2020/7/22〕コムデザイン、ログラフの「オムニデータバンク」と連携

 コムデザイン(本社:東京都千代田区、寺尾憲二社長)は、コールトラッキングシステムの開発・販売を行うログラフ(本社:東京都新宿区、藤本勝幸社長)が提供する「オムニデータバンク」と連携を開始した。本連携により、これまで承認作業に多くの時間が必要だった電話経由のアフィリエイト広告の成果承認作業時間の削減が可能となる。
 ログラフのオムニデータバンクは、ページビューなど人間の行動をトラッキングするSaaS型のWebサービス。Web APIを公開しており、トラッキングデータと顧客任意のデータを紐付けてコンバージョンなどのイベントを起点として他システムとデータ連携を行うことができるなど、可用性と柔軟性の高さが特長。
 アフィリエイト広告の中でも、電話での問合せや予約を成果とする場合、成果承認にはコールセンターや店舗などの複数部署との連携が必要となり、承認作業時間と人的ミスの増加が増えてしまうという課題がある。
 しかし、受電環境にCT-e1/SaaSを使用し、オムニデータバンクと連携すれば、CT-e1/SaaSが発行する通話IDをASPに注文番号として自動通知することができるようになるため、承認作業がオンライン上ですべて完結できる。これによりID同士の名寄せなどが自動化でき、承認作業工数の削減を実現できる。また、成果地点が来店といった、Webや電話だけでは完結しないアフィリエイト広告の承認作業でも、瞬時に完了することが可能となった。


PAGE TOP