Home » 週刊CCMニュース » 調査・レポート・その他 » 〔2020/7/30〕企業情報化協会、2020年度(第21期) カスタマーサポート表彰制度受賞企業決定

〔2020/7/30〕企業情報化協会、2020年度(第21期) カスタマーサポート表彰制度受賞企業決定

 公益社団法人企業情報化協会は、2020年度カスタマーサポート表彰制度(Best Customer Support of the Year)において、12社の受賞を発表した。受賞企業決定に伴い、来る2020年9月24日(木)・25日(金)に開催される当協会主催「カスタマーサポートシンポジウム(会場:東京都港区 東京プリンスホテル/オンラインライブ配信による併催)」にて受賞各社による記念講演、ならびに表彰式典を行う。
 2020度カスタマーサポート表彰制度(Best Customer Support of the Year)において、以下12社の受賞を決定した。また、今年度は応募企業各社の新型コロナウィルス感染症に対する取り組みに関して、他社の模範となる対策を取られた企業に対し、「新型コロナウィルス感染症対策特別賞」として6社の受賞も併せて決定した。
 受賞企業は次の通り(賞ごとに社名50音順)。
【優秀賞】住信SBIネット銀行
【優秀賞】明治安田生命保険相互会社
【特別賞(ホスピタリティ賞)】東日本旅客鉄道
【特別賞(人財育成賞)】チューリッヒ保険会社
【特別賞(IT活用賞)】NTTレゾナント
【特別賞(IT活用賞)】東日本電信電話/キューアンドエー
【特別賞(IT活用賞)】三井住友海上火災保険
【奨励賞】SCSK/SCSKサービスウェア
【奨励賞】クラウドエース
【奨励賞】JR東日本メカトロニクス
【奨励賞】セゾン情報システムズ
【奨励賞】ファンケル
 本表彰制度は、カスタマーサポート表彰制度審査委員会(委員長:小野譲司・青山学院大学 経営学部 マーケティング学科 教授)による厳正な審議のもと、わが国における顧客戦略の充実とそれに伴うカスタマーサポートの推進・発展に寄与したと認めうる企業・機関・団体・事業所・部門などを表彰するもの。
 新型コロナウィルス感染症対策特別賞は、明治安田生命保険相互会社、チューリッヒ保険会社、三井住友海上火災保険、SCSK、クラウドエース、セゾン情報システムズ(順不同)。


PAGE TOP