Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2020/9/7〕GMOインターネット、11月に宮城県仙台市にカスタマーサポート拠点を開設

〔2020/9/7〕GMOインターネット、11月に宮城県仙台市にカスタマーサポート拠点を開設

 GMOインターネットは、プロバイダーサービスのカスタマーサポートを担う拠点として、2020年11月2日に宮城県仙台市に新オフィス(仙台オフィス)を開設すると発表した。これに先立ち、宮城県行政庁舎において「GMOインターネットの立地に関する覚書」に関する締結式(調印式)ならびに合同記者発表会を実施した。
 仙台オフィスは、2020年11月2日の開設後、東京都渋谷区のグループ本社から順次業務を移管し、2021年3月には約100名規模の体制で本格稼働を開始する予定。また、2020年9月中旬からは本格的に仙台市における採用活動を行っていく。
 現在「GMOとくとくBB」では、東京都渋谷区にあるGMOインターネットグループ本社や下関オフィス(山口県下関市)、大阪オフィス(大阪府大阪市)、宮崎オフィス(宮崎県宮崎市)においてカスタマーサポートを行っている。昨今のインターネット回線需要の高まりを受け、顧客からの問い合わせや契約手続きに対応するカスタマーサポートを大幅に増員する必要があると考え、新たな拠点の立ち上げが検討されていた。
 また、GMOインターネットグループは、多くの企業のIT活用や一般生活者のインターネットライフを支える企業グループであり、あらゆる有事の際にもサービスを提供し続けることが社会的責任として求められている。現在西日本(大阪府・山口県・宮崎県・福岡県)に有している複数の地方拠点に加え、BCPの観点から首都圏を除く東日本にも拠点を設ける必要があると考えた。


PAGE TOP