Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » ☆〔2020/12/22〕リンク、テレワーカー向けに、ビズテル体操第2弾を発表

☆〔2020/12/22〕リンク、テレワーカー向けに、ビズテル体操第2弾を発表

 クラウド型CTI/コールセンターシステム「BIZTEL」を展開するリンク(本社:東京都港区、岡田元治社長)は、 「ビズテル体操」第1弾の好評を受けて、新作の「ビズテル体操第2」を12月22日より順次、Web・タクシーCMにて配信すると発表した。新型コロナウイルスにより在宅勤務が浸透している今、テレワーカーが自宅で気軽にリフレッシュできるよう、新たにヨガの要素を取り入れた。
 テレワークの導入後、約4割の人が出社をしていた時よりも身体的な負担や疲労が増えたと感じている。「自宅の椅子が長時間働くのに適していない」や「家でずっと座りっぱなし」という理由が多くあげられており、とくに腰や眼、そして肩に疲労を感じている人が多いようだ。
 そんなテレワーク中の疲労を和らげようと、BIZTELのリンクは、好評だった前回につづきフィットネスライフアドバイザー 森口 尚子氏の協力を得て、ちょっとした休憩時間や業務の合間に実践できる「ビズテル体操第2」を開発した。内容は、長時間座るテレワークによって凝り固まった筋肉を刺激する5種類の運動。肩や首まわりがほぐれて軽いリフレッシュになる。


PAGE TOP