Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2021/4/13〕マインドシフト、全国の自治体や保健所を対象にバージョンアップした新型コロナワクチン接種に関するAIチャットボットを販売開始

〔2021/4/13〕マインドシフト、全国の自治体や保健所を対象にバージョンアップした新型コロナワクチン接種に関するAIチャットボットを販売開始

 マインドシフト(本社:東京都中央区、柏木宗利社長)は、全国の自治体や保健所を対象に現在約300件のQ&Aを搭載し、バージョンアップした新型コロナワクチン接種に関するフルサポート型AIチャットボットの販売を開始した。
 新型コロナウイルスの猛威が振るう中、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置だけではとどまらず、新型コロナワクチン接種開始に期待が高まる中、問合せは、コールセンターに殺到する可能性がある。その代替手段として、申込みから即日導入が可能な新型コロナワクチン接種問合せ用チャットボットを用意した。日本語、英語、中国語(簡体語/繁体語)、韓国語、ポルトガル語、ベトナム語に対応。全国的な問合せに対応した共通Q&Aと地域別Q&Aを用意すると共に、日々の問合せログを分析しQ&A追加更新とマインドシフトがフルサポートする。現在のQ&Aは約300件、随時追加、更新、機能もバージョンアップしていく。また、今回は自治体の規模にかかわらず接種環境が求められますので、金額面も人口や予算に合わせて対応する。


PAGE TOP