Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2021/4/21〕トビラシステムズ、クラウド型ビジネスフォン「トビラフォン Cloud」、顧客接点クラウド「カイクラ」との機能連携を開始

〔2021/4/21〕トビラシステムズ、クラウド型ビジネスフォン「トビラフォン Cloud」、顧客接点クラウド「カイクラ」との機能連携を開始

 トビラシステムズは、同社が提供するクラウド型ビジネスフォン「トビラフォン Cloud」を、シンカ(本社:東京都新宿区、江尻高宏社長)が提供する顧客接点クラウド「カイクラ」との連携機能の提供を開始した。
 トビラフォン Cloudとカイクラの機能連携により、小規模コールセンターのDXを更に促進させ、業務効率化へとつながるソリューション・パッケージとなった。
 カイクラは、コールセンターで既存顧客からのインバウンドコール対応に力を発揮するシステム。しかし、コロナ禍において、既存顧客に対して非対面で「攻めの営業」を行えるアウトバウンドコールの強化ニーズが高まっているとのこと。そこで、アウトバウンドコール強化策として、クラウド型ビジネスフォンのトビラフォン Cloudが連携された。
 本連携により、トビラフォン Cloudで行った発着信の情報はカイクラに連携される。分散しがちなコールセンターとセールス担当の発着信情報が一元管理され、情報の偏りや共有漏れを防ぐ。また、トビラフォン Cloudの独自機能である迷惑電話データベース・事業者名称データベースも、カイクラと連携。業務に関係のない電話応対の削減や、電話帳未登録番号の名称を表示でき、業務効率が向上する。
 本パッケージにより、自動車ディーラー、士業、不動産業界など、既存顧客との電話が多い業界の小規模コールセンター業務に貢献できると考えている。


PAGE TOP